2013年11月21日

マッターホルンを眺めるスイスのトレッキング

・マッターホルンを眺めながらスネガ・パラダイスから下りトレッキング

モンテインで行くスイス、今回はマッターホルンを望みながらのコースの紹介です。
マッターホルンをそのものに上るのは難しいけど、マッターホルンを眺めながらトレッキングを楽しみたい。
という方はたくさんいらっしゃると思います。
その願いをかなえてくれるトレッキングルートはいくつもありますが、中でもアプローチがよく人気が高いルートをご紹介します。
それが、スネガ・パラダイスからの下りトレッキングです!

スネガ・パラダイスは、「スネガ展望台」として旅行雑誌で紹介されています。
ロープウェイ(リフト)に乗るだけですぐにアクセスすることができ、乗り心地も快適なので、気楽にいくことができます。
上に上がると羊がめぇめぇと鳴いていたりするところですが、そこから下っていきます。
「展望台」とあるだけあり、眺めの非常に良いところです。

標高がある程度あるので、やはり夏でも防寒着は必須です。
薄手のものなら、モンテインフェザーライトマラソンジャケット、ライトスピードジャケットあたりを持っていくのがおすすめです。

コースの下り始めはしばらく見通しの良い斜面を下ります。
途中に分岐があり、別のルートも整備されていて、大きく右にそれていくコースもあります。
有名なコースだけあって、大会が催されることもあり、私はその準備風景も見たことがあります。
大会の旗が立っていて、ボランティアスタッフがせっせと働いていました。

このルートの良いところは、マッターホルンがスカーンと見えるところです。
途中の山小屋では紅茶を飲みながらゆっくりとマッターホルンを眺めることもできますし、観光向けに整備される前に人々が実際に暮らしていた非常に古い村(数件程度しかありません)が残っていたりと、遺産のような面もあります。
日本にはない景色なので、私たち東洋人から見ると、非常に興味をひかれます。

ちなみにスイスを含むヨーロッパでは、登山は下りではなく上りがメジャーです。
下りのほうが楽でいいように思いますが、のぼりにはのぼりの味があり、花々ものぼりのほうがきれいに見えるともいいます。
達成感というのも大きなファクターでしょうね。

そのため、下っていると多くののぼりの人たちに会います。
「あとどれくらい?」 と必死の形相で聞かれることもしばしば。

そんなこんなで楽しい下りも終盤に差し掛かると、ゴルナーグラート鉄道と交差するところがあります。
登山ルートからゴルナーグラート鉄道の鉄橋を見下ろすポイントがあり、絶交の撮影ポイントになっています。
私は列車の車内からもこの場所を見ました。
ちょうど滝があって、絶景ポイントとして車内でも紹介されています。


長くなってきたので今回はここまで。
続きは次回お送りしたいと思います。


・スネガ・パラダイスからの下りトレッキングにおすすめのモンテインのジャケット
モンテインフェザーライトマラソンジャケット、ライトスピードジャケット(夏季)
秋からは、モンテインの中でも冬仕様のジャケットがおすすめです。

posted by masa at 16:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。